〈ブログ管理人〉

地域おこし協力隊として、佐野のまちなかの情報発信をしております!日々の活動を通して発見した美味しいもの、楽しいもの、ワクワクするものなど佐野の魅力をご紹介していきたいと思いますのでよろしくお願い致します。

 



カツサンド!

写真だけでどのお店のカツサンドか分かったアナタは佐野のまちなか通!

 

先日のお話ですが、1月から新たに地域おこし協力隊が加わったということで、歓迎会もかねて市役所の係の皆さんとランチに出かけることになりました。

今回行くのは、まちなかの登美屋(とみや)本店というお店とのこと。

事前に注文するメニューを決めるためにメニューが書かれたメモを見ると、定食屋さんのようなラインナップ。

 

ハンバーグ定食

竜田揚げ定食

カツサンド…

ん、カツサンド?

カツ丼とかトンカツ定食じゃなくて?

 

お店の名前と他のメニューからすると、ちょっと意外な感じでしたが、人気メニューだそうです。

それなら、ということで、カツサンドをオーダー。

 

 

市役所の東、細い路地を入ったところにそのお店はあります。知らないと通り過ぎてしまいそうです。

 

お店はテーブル席の他に、コタツに入れるお座敷もあり、何だか親戚の家に遊びに来たような感覚。

 

セットになっていて、まずはサラダとシチューが運ばれてきました。スープじゃなくてシチューというのは珍しいですね。(たまたまこの日だけだったのかも知れませんが)

 

ほどなくして運ばれたカツサンド。

結構大きめのカツサンドが3つ!たっぷりキャベツと大きなチキンカツでボリュームも満点です。

キャベツが細かいみじん切りなので、カツのサクサクとパンのやわらか食感が際立ちます。

 

昼は結構ガッツリ食べる派なので、サンドじゃ足らないかな~と思っていましたが、十分お腹いっぱいになりました。

 

場所は佐野市役所の東、ホテルセレクトインの裏の路地を入って少しのところにあります。

他のメニューも気になるので、また行ってみたいと思います♪

 

だし取りセット!

先日ご紹介した葛生の料理屋 若葉さんでは誰でも本格的なだしが取れる“だし取りセット”の販売をしているとお知らせしました。

その取材の際に“だし取りセット”を頂きましたので、で実際に1からだしを取ってみました!

普段味噌汁などは作りますが、最初からだしを取るのは多分学生時代の料理実習以来かも…

同封されていたのは調理の手順が書かれたレシピと、食材。(コンブと鰹節は器に乗せきれなかったので一部を乗せてあります。)これで2リットル~2.5リットルのだしが取れるそうです。

 

食材は、鰹節、2種類の昆布、シイタケ、通称“あご”と呼ばれているトビウオです。

前半の食材はだしではおなじみの食材ですうが、トビウオってのは珍しいですね。何でも九州地方ではトビウオのことを“アゴ”と呼ぶそうです。

すべて国産素材というのも安心ですね♪

鰹節もいい香りです(*^_^*)

同封されていたレシピを見ながら調理スタート!

 

気を付けるのはコンブの取り出しのタイミング、沸騰直前で取りださないとヌメリが出てしまうそうです。

別鍋でとったアゴだしと、昆布や鰹節、シイタケでとっただしを合わせて完成!

やっぱり出来立ての手作りだしは香りもいいですね~

アゴ(トビウオ)でだしをとったのは初めてですが、スッキリとした上品な味わいでどんな料理にも合いそうですね。うちの6歳の娘はおいしいおいしいとそのままゴクゴク飲んでいました…

作っただしは冷凍保存も可能なので、我が家では、年越しそばやお雑煮など大活躍してくれました。

皆さまもお試しあれ♪

*⌒*福伝珈琲*⌒*

さのまちなかグルメ 佐野 福伝珈琲

先日のお話になりますが、来年開催予定のとあるイベントの打ち合わせでまちなかの珈琲屋さん、福伝珈琲に行ってきました。

 

扉を開けると店内に漂うコーヒーの香り…写真には撮れませんでしたが、ぬくもりある木のテーブルや飾られている草花にもオーナーさんのこだわりが感じられます。

お店の奥にはガラス張りの焙煎室が、こちらで自家焙煎の珈琲豆が生み出されるんですね~

 

珈琲豆の販売に加えて、店内でコーヒーを楽しむこどができるそうです。

私もテイクアウトでコーヒを注文しましたが、淹れ方から豆の種類まで一人一人に合わせて淹れてくれるそうです。

 

オーナーさんはSCAA/CQI認定Qグレーダー、SCAJ認定コーヒーマイスターという二つの資格を持つコーヒーのスペシャリスト。

そんなオーナーさんが焙煎する珈琲豆を求めて打ち合わせ中も何組か、自家焙煎のコーヒ豆を求めるお客さんが来店していました。

 

以前HPでご紹介したWAFFLE COFFEEさんもコーヒー豆は福伝珈琲で焙煎したものを使用しているそうです。

ちなみにWAFFLE COFFEEさんは福伝珈琲さんのすぐ隣です。

 

イベントにつきましては詳細が決まり次第、お知らせしたいと思います。

さのまちなかグルメ 佐野 福伝珈琲

*⌒*ちょっと早めのしんこまんじゅう*⌒*

しんこまんじゅうとは、毎年3月に田沼町の一瓶塚稲荷で行われる初午祭の名物として知られているおまんじゅうです。

 

先日HPでご紹介した太田屋さんにHPの写真をお届けにいったところ、お店にしんこまんじゅうが並んでいたので、さっそくご紹介したいと思います!

太田屋さんのHPによると、10月29日から販売をスタートしたとのことです。

 

もともとは初午の時期のみ販売されていたものですが、現在では期間限定で販売されているそうです。お店のご主人のお話によると、しんこまんじゅうの販売の時期を決めるポイントは“気温”にあるとか。

 

お店の方から頂いた「しんこまんじゅうの由来」によると、かつて一瓶塚稲荷の境内にある茶店が米の粉を素材とした“花まんじゅう”と呼ばれるものを作り、その売り上げの一部を一瓶塚稲荷に奉納していたところ、それが“信仰まんじゅう”となり、今日では“しんこまんじゅう”と呼ばれるようになったとのことです。

※由来については諸説あるそうです。新粉から“しんこ”とも。

 

国産、栃木米を使用した上新粉の生地はモチモチで、ほどよい甘さの餡とも相性抜群です♪

つぶあん、こしあんの2種類ありますので、お好みでどうぞ♪

太田屋さんの紹介はコチラ

可愛らしいキツネが書かれた包み紙。裏面にはしんこまんじゅうの由来が書かれています。

*⌒*はかりのはなし*⌒*

まちなかグルメの撮影で田沼を訪れたときのこと。

トイレを借りるためにたぬまふるさと館に立ち寄ると…見慣れない道具が並んでいて、何やら作業をしているようです。

話を聞いてみると、計量器(はかり)の定期検査中とのことでした。

お店や病院・薬局など、はかりを使った取引や証明行為を行っている事業所は、計量法で2年に1度、はかりの検査を受けることが義務づけられているそうです。

確かに私たちは荷物を送るときも量り売りの総菜なんかを買うときも、表示された重さに何の疑いもなく取引しているな…と感じました。そのような信頼を築くためにこうして検査をしているんですね。

他にもばねばかりやデジタルのはかりなんかも検査していました
他にもばねばかりやデジタルのはかりなんかも検査していました
検査用のおもりを持たせてもらいましたが、見た目のイメージより重く感じます
検査用のおもりを持たせてもらいましたが、見た目のイメージより重く感じます
検査は県で実施しているので、おもりには「栃木県」の文字が
検査は県で実施しているので、おもりには「栃木県」の文字が

検査をしている方のお話によると、私たちが普段よく目にするはかりの他にも、昔ながらのはかりも検査しているそうです。

確かに以前、葛生のそば屋さんを訪問した際にも、「昔から使っているはかりだけど、2年に一度検査を受けているんですよ」というお話を思い出しました。

たくさんの“検査済み”であることを示すシールを見ると、その数が信頼の歴史なんだと感じました。

*⌒*十六夜*⌒*

10月4日は中秋の名月でしたね~

この日は日中は雲がかかっていて月が見えるか心配でしたが、夜には雲の切れ目から淡く輝く「中秋の名月」が見えたので、月見だんごを食べながらお月見をした方も多いかと思います。

写真は4日に自宅前で撮りました。

 

ちなみに旧暦15日を十五夜と呼ぶのに対し、翌日の16日を「十六夜」(いざよい)とも言うそうです。

 

何だかアニメやゲームのキャラクターにいそうねネーミングですね。試しにgoogleで画像検索したら、アニメやゲームの絵がたくさん出てきました( ゚д゚)

 

私は10月4日に月見だんごを買いに行けなかったので翌日はさすがに置いてないかな…と思いつつ、和菓子のうさぎ屋さんへ。

以前は佐野厚生病院の近くにあった和菓子屋さんで、現在は田沼にお店を構えています。

のれんが可愛らしいですね
のれんが可愛らしいですね
包み紙のデザインも素敵です。しかも無添加・手作り!
包み紙のデザインも素敵です。しかも無添加・手作り!

お団子も気になりましたが、ぶどう大福がど~しても気になり、こちらを購入。月見団子ではなく月見大福になりました。(何だかアイスにありそうなネーミングですね)

ぶどうが丸々一個入っているそうです。ちょうどうウサギが描いてあるあるお盆があったので載せて雰囲気を出してみました。
ぶどうが丸々一個入っているそうです。ちょうどうウサギが描いてあるあるお盆があったので載せて雰囲気を出してみました。

カットしてみると、白餡に包まれた“瀬戸ジャイアンツ”という品種のブドウがコンニチハ。

皮ごと食べられるそうです。

二個購入しましたが、誘惑に耐えきれず一個は月を待たずに食べちゃいました。

ブドウの爽やかな甘さと白餡との相性が抜群でした(^o^ )秋の味覚を楽しめる一品ですね。

期間限定なようなので、気になる方はお早目に。

フリーペーパに写真を使って頂きました!

栃木県建築業協会が発行するフリーペーパー、『Bratto』に「さのまちなかグルメ」の特集①でご紹介したカタツムリラボさんが掲載されました!

 

掲載にあたって、写真はまちなかグルメで撮影したものを使っていただきました。

 

『Bratto』は県内の建設業者さんの活動やまち歩きの情報を紹介しているフリーペーパーで、その中の“本当は教えたくない女性にも人気のグルメスポット”で紹介されています。

しかも表紙にも大きい写真が!Σ(゚Д゚)

 

見た目はグルメのフリーペーパーっぽいですね
見た目はグルメのフリーペーパーっぽいですね

まちなかグルメを始めるにあたって、HP用に撮影した写真は、お店の方に色々な形で活用して頂きたい…考えていたので、実際に使っていただき感動です (;ω;)

 

ちなみに特集①の写真は天明鋳物PR担当の地域おこし協力隊の方に撮影していただきましたが、最近のブログ記事は私(まちなか)担当が撮影しています。

 

※HP上の写真はご協力頂いた飲食店様にはデータでお渡しした上でお使い頂いていますが、その他の方の転用はご遠慮ください。

facebookの記事のシェアは歓迎ですので、よろしくお願い致しますm(_ _)m

 

カタツムリラボさんの紹介ページはコチラ

田沼リサーチ!②

まちかなグルメの打ち合わせで、再度田沼を訪問したときのお話です。

メインは打ち合わせですが、リサーチも兼ねているので約束の時間よりちょっと早めに出発。

 

道中カフェよもぎやさんで遅めの昼食を購入するために訪問しました。

ここのとうふのベーグルが有名らしく、以前から気になっていたお店です。

 

ログハウスの店舗で、雰囲気いいな~と思いながらお店に入ろうとすると、看板には“とうふのベーグル残りわずか”の文字Σ(゚Д゚)

 

店内で食べることもできるようですが、今回はテイクアウト。あんクリームとチョコチップをチョイスしました。

モチモチの歯ごたえで食べ応えあり(*^_^*)おやつとしても食事としてもアリな万能選手ですね~今度は他の味を試してみよう。

 

まちなかのログハウスは目立ちますね!
まちなかのログハウスは目立ちますね!
1時半ごろには残りわずかになってました
1時半ごろには残りわずかになってました

田沼の老舗和菓子屋さんで打ち合わせ。

HP掲載のおよび撮影にご協力いただけるということでほっとひと安心。打ち合わせ後にお店で出しているという栗入りの白玉ぜんざいをいただきました。

栗の優しい甘さとモチモチの白玉とあんこの甘さががベストマッチ!栗を食べると秋だな~って実感しますね。

 

現在調整中のお店もありますが、田沼、葛生と順調に取材・撮影が進んでいますので、公開までもうしばらくお待ちくださいO(-人-)O

 

 

*⌒*そばの花*⌒*

まちなかグルメの打ち合わせで再度葛生に行ってきました。

 

前回のブログでも葛生の仙波はそばの生産が盛んだということはご紹介しましたが、9月上旬ごろからそばの花が見られるということで、少し足を伸ばして、そば畑のある仙波地区の農林漁家高齢者センターまで行ってみました。

 

この日はあいにくの曇り空でしたが、雨上がりの午後、畑一面に広がる白いそばの花を見ることができました。

よく見ると、小さく可愛らしい花が寄り添うように集まっていますね。

 

この花がそばの実になり、10月下旬ごろからそばの収穫が始まるそうです。

今から新そばが楽しみですね(๑╹ڡ╹๑)

 

畑によってはまだ蕾のところもあったので、もうしばらくはそばの花を楽しめそうです♪

川沿いには彼岸花が咲き始めていました。

直前まで雨が降っていたので、雨に濡れた花びらが綺麗でした☆

彼岸花も秋を感じさせる花ですね!

 

田沼リサーチ!

少し前のお話になりますが、まちなかグルメの情報を求めて今回は田沼へ。

田沼の言えば道の駅どまんなか田沼が有名ですが、今回は田沼駅周辺をリサーチしました。

 

田沼のまちなかに位置する一瓶塚稲荷神社。

昔からこの地で信仰されてきた神社で、本殿・幣殿・拝殿などは栃木県指定文化財になっていて、天明鋳物の鳥居もあります。普段は見られませんが、内部の天井絵は一見の価値があるそうです。

3月のはじめに行われる初午祭(はつうま)では、道沿いに露天が出て、多くの人でにぎわいます。

JA佐野田沼支店の前にあるmammy's soup。ランチをいただいた時の写真です。野菜ソムリエでもあるオーナーさんとはイベント等でもお世話になっています。

 

ドライカレーのセットは目玉焼きは焼き方を選べるので半熟気味に焼いてもらいました。

選べるスープはカボチャのポタージュをチョイス。

タマネギベースのやさしい味わいのカレー。お子さんも安心して食べられます♪

mammy's soupさんのスープはうちの娘もお気に入りです♪

ベビーベッドもあり、子育て中のママにはうれしい環境ですね(*^_^*)

味のある店構えの食堂、となりのケーキ屋さんも気になります。
味のある店構えの食堂、となりのケーキ屋さんも気になります。
田沼のまちなみ
田沼のまちなみ
田沼駅前には日本列島中心地の石碑が
田沼駅前には日本列島中心地の石碑が

田沼地区の見どころスポットについての情報収集でたぬまふるさと館を訪問。隣にはあそ商工会の本所があります。田沼地区の古墳等で出土した土器や歴史についての書物そして伝統産業等が展示されていました。

田沼のまちおこしとして『オカリナの里』づくりに取り組んでいるそうで、オカリナも展示されていました。

オカリナをかたどったお菓子もあるようです。

 

あそ商工会の職員の方にお会いして『まちなかグルメ』のリサーチで来ていることをお伝えすると、オススメの飲食店さんをご紹介いただけました。こうした出会いによってできること、やりたいことが広がっていくのはありがたいです。